12:14 2020年10月20日
経済
短縮 URL
0 16
でフォローする

日銀の黒田総裁は8日に開かれた日銀支店長会議で、日本経済の現状について「持ち直しつつある」との認識を示した。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

NHKによると、黒田総裁はオンラインで開かれた会議で日本経済の現状について、新型コロナウイルスの影響で引き続き厳しい状況にあるが、「経済活動が徐々に再開するもとで持ち直しつつある」と述べた。

先行きについては、政府の経済対策などにより改善基調をたどるとの見方を示した一方、「改善のペースは緩やかなものにとどまる」と指摘した。

黒田総裁は、必要があればちゅうちょなく追加の金融緩和に踏み切ると強調した。

関連ニュース

新型コロナウイルス収束後の中国の復興が世界経済の危機脱却を助ける

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント