15:42 2020年10月20日
経済
短縮 URL
0 33
でフォローする

ロシアの天然ガス生産・販売企業「ノヴァテク」は北極圏のヤマル半島でCO2の地中貯留プロジェクト実現に向けて用意を進めている。同社のレオニード・ミヘリソンCEOがビデオメッセージの中で明らかにした。

LNG ProducerConsumer Conference 2020会議の準備に向けて発表されたビデオメッセージの中で、ノヴァテクのレオニード・ミヘリソンCEOは環境に関する2030年までの戦略的目標計画を新たに発表した。その中で、ノヴァテク社が北極圏のヤマル半島でCO2の地中貯留計画を進めていることを明らかにした。

関連ニュース

タグ
経済, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント