11:53 2021年04月12日
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

サウジアラビアは、2月と3月の産油量を日量100万バレル自主削減することで合意しており、これにより欧州やアジアの多くの買い手への供給量が減ることになる。ブルームバーグ通信が報じている。

同通信社によると、長期契約を結んでいるアジアの一部の製油所では、国営石油会社「サウジアラムコ」からの原油供給量が、2月には予定より20〜30%減少する。この供給量の減少は、アジアの原油需要減少と重なる。しかし少量の原油を供給する契約は、全て完全に履行される。また、サウジアラビアから欧州への2月の原油供給は、全く予定されていない。同通信社は、サウジアラムコは1月初め、アジアや米国向けの原油販売価格を引き上げたと指摘している。

サウジアラビアは、原油価格の安定的な成長に対する関心を隠していない。そのため、秋から冬にかけて石油需要が減少する中、同国は市場を支えるために真剣に譲歩してきた。

同通信社によると、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の合意の下、ロシアとカザフスタンは2月と3月、サウジアラビアの割り当て分を利用して原油を増産する。

関連ニュース

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント