12:46 2021年03月08日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

トヨタ自動車は今月13日に発生した地震の影響で、部品の調達が難しいとのことから日本国内の4工場について停止期間を24日まで延長すると発表した。NHKが伝えている。

トヨタ自動車は、1月13日に福島県と宮城県で発生した震度6強の地震でサプライヤーが被災し部品の調達が滞っているため、現在、国内8工場の12ラインの稼働を停止している。

稼働停止は23日までを予定していたが、部品の調達が厳しい状況が続いており、このうち4工場で停止期間を24日まで延長することを決めた。

延長するのは高岡工場、富士松工場、吉原工場、岐阜車体工場、合わせて4工場5ライン。これにより稼働停止期間は最長7日間となり、トヨタ自動車は3万1千台の生産に影響が出るとしている。

関連ニュース

タグ
日本, 自動車, トヨタ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント