11:51 2021年06月13日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

米電気自動車(EV)メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の資産が、週の初めから200億ドル(約2兆1900億円)超減少した。一方、米フォーブス誌の世界長者番付の順位は、依然として3位。

フォーブスによると、今週、マスク氏の資産は205億ドル減少して1455億ドルとなった。テスラ株の13日終値は、週の初めから15%下落した。

マスク氏は先週末、米NBCのバラエティ番組 「サタデー・ ナイト・ライブ」に出演し、自身のビジネスプランについてコミカルに話し、仮想通貨をめぐる最近の騒動にも触れた。特にマスク氏は、ビットコインのパロディーとしてつくられたドージコインは「詐欺」だと発言し、これを受けてドージコインの価格は24時間で30%下落した。 

またマスク氏は12日、ツイッターへの投稿で、ビットコインを使ったテスラ車購入を停止する方針を表した。同氏によると、テスラ社は、ビットコインの採掘に使用される化石燃料、特に石炭の使用が急速に増えていることを懸念している。

これを背景に、ビットコインは4月の過去最高値から29%下落した。マスク氏の資産は、テスラ株が3%下落したことにより、24時間で40億ドル(2.5%)近く減少した。

関連ニュース

タグ
イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント