17:17 2021年06月24日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

イーサリアムの生みの親であるヴィタリック・ブテリン氏は、世界最年少の仮想通貨長者の地位を失った。同氏の保有資産は、仮想通貨市場の崩壊により40%近く減少し、現在では10億ドル(約1090億円)以下と推定されている。ブテリン氏は、ロシアのモスクワ州コロムナ出身のプログラマー。

米誌フォーブスによると、ブテリン氏の保有資産は約8億5000万ドル(約926億2000万円)まで減少し、ビリオネアの地位を失った。これよりも前の5月4日には、同氏は世界最年少の仮想通貨長者になっていた。Coinmarketcapがまとめた仮想通貨取引所のデータによると、イーサリアム価格は、仮想通貨市場の暴落後に34%下落し、現在は2620ドル(約28万5500円)。

イーサリアムだけではなく、時価総額・価格ともに最大級の仮想通貨「ビットコイン」も下落した。これにより、ビットコイン所有者の総資産は、623億ドル(約6兆7880億円)から468億ドル(約5兆1000億円)まで減少した。

関連ニュース

タグ
ビットコイン, 仮想通貨・暗号通貨, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント