19:52 2021年10月16日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

アップルやテスラの主要サプライヤー数社は、中国のエネルギー消費政策の厳格化に伴い、中国の一部工場の生産を停止した。Nikkei Asiaが報じた。これは最新のiPhone13を含む一部商品のピーク時期に、出荷にとってリスクとなる。

テスラの部品やアップルのiPhone組み立てを請け負うサプライヤー、Foxconnの子会社Eson Precision Engineeringは、中国・崑山市の工場を停止したと発表した。Esonは「顧客のニーズに応えるため、週末または来る祝日(来月)に生産を行う計画だ」と発表した。 

中国では、石炭や天然ガスの価格上昇など、いくつかの原因によって生産が減少し、二酸化炭素排出量の減少やエネルギー需要増加に関する中国の取り組みも、さまざまな産業に影響を及ぼした。

関連ニュース

タグ
Apple, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント