15:54 2018年07月18日
風刺画

核の日のあたる家

風刺画
短縮 URL
1253

米副大統領ジョー・バイデン氏は先日、米国は「彼らが核保有国であることができないようにと日本の憲法を書いた」と述べた。

核の日のあたる家

米国では大統領選挙戦が続いているが、また一人の政治家が、ホットな発言をし話題となった。その人物とは、民主党のバイデン現副大統領で、彼は共和党のトランプ候補と討論したさい「核保有国にはなれないという日本の憲法は、われわれが書いたものだということを理解していないのか」と述べた。

ロシアの日本学者で歴史家のアナトーリイ・コシキン氏は次のように述べている。「運命の皮肉は、戦後70年、日本に完全な非武装化を押し付けた米国人が、今度は、それを決めた条文を骨抜きにしようとあらゆる努力をしていることにある。核兵器を国内に持ち込ませずという原則に関していえば、この条項を、米軍は最初から破ってきた。これについては何の秘密もない。核兵器は、大分前から、少なくとも沖縄に存在している。」

タグ
米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

風刺画をもっと見る

  • 南北朝鮮間対話
    アップデート: 2018年05月16日 18:58
    2018年05月16日 18:58

    米韓軍事演習を理由に北朝鮮が対話拒否

    5月16日に板門店の軍事停戦委員会の本会議場において南北閣僚会合が予定だった。ところが会合実施の当日未明になって北朝鮮は、韓国で実施されている軍事演習を理由にこれへの参加を取りやめた。

  • トランプ氏の最後通牒…どうするべきか?
    アップデート: 2018年04月12日 20:04
    2018年04月12日 20:04

    トランプ氏の最後通牒…どうするべきか?

    トランプ米大統領はこの数日で矛盾するツイートをいくつか投稿した。あるツイートで、ミサイル攻撃に備えるようロシアに呼びかけた一方で、別のツイートでは軍拡競争をやめる意欲を示した。

  • Back in the USA
    アップデート: 2017年08月02日 21:44
    2017年08月02日 21:44

    Back in the USA

    米国が先日採択した対ロ制裁への報復として、モスクワは米国の大使および領事館職員を数百人、ロシアから追放することを決定した。

  • 千億ドルを手にするための問題
    アップデート: 2017年06月09日 18:35
    2017年06月09日 18:35

    千億ドルを手にするための問題

    カタールはサウジアラビアを含む近隣のアラブ諸国から外交関係を断絶された。このきっかけとなったのは国営カタール通信による報道だったが、CNNニュースは「ロシアによる偽ニュース工作だった可能性が指摘されている」と報じた。