16:13 2020年03月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

ロシア航空最大手のアエロフロート社は米国、アラブ首長国連邦、ポルトガル間の定期便を運休とすることを発表した。また、ロシア鉄道はベラルーシ間の国際鉄道路線の運航本数を大幅に減少させた。リアノーボスチ通信の取材で明らかになった。

アエロフロート社は3月29日から4月30日にかけてマイアミ、ロサンジェルス、ワシントン、ドバイ、リスボン間の定期便をいずれも運休とした。これで米国とロシア間の定期便は「モスクワ=ニューヨーク」だけとなった。さらに、アエロフロート社はバクー、ビシュケク、パリ間の定期便も本数を大幅に減らした。

また、アエロフロート傘下のロシア航空はサンクトペテルブルク=ロンドン間の定期便を運休とした。

新型コロナウイルスの影響は国際鉄道輸送にも出ている。

ベラルーシ鉄道と協議した結果、ロシア鉄道は新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、両国間の国際鉄道路線を大幅に縮小することとした。これにより、ベラルーシの各都市(ミンスク、ブレスト、グロドノ、ゴメ)とモスクワを結ぶ国際路線の運行本数が9本にまで縮小した。


ロシアでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が新たに33人確認され、計147人になった。新型コロナウイルス対策本部が発表した。

また、新型コロナウイルスの影響を受け、ロシアの学校では春休みまで臨時休校とし、3月21日から4月12日まで休みとなっている。

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント