17:23 2020年03月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

21日、新型コロナウイルスの死亡者が新たに東京で1人確認された。また、同日朝の段階で、兵庫県、神奈川県、大阪府、北海道、千葉県、新潟県、大分県、愛知県、埼玉県、京都府、東京都で合わせて30人の感染が確認されている。日本で感染が確認された人は1045人(チャーター機での帰国者含む)となり、クルーズ船の乗客・乗員の感染者数712人を合わせると、1757人に上った。

死亡者数に関しては、国内感染者が36人、クルーズ船の乗船者8人の計44人となった。

日本での感染者数を都道府県別にいた場合、北海道159人、愛知141人、東京136人、大阪125人、兵庫107人などとなっている。

厚生労働省の発表では、重症者は国内感染者などが49人、クルーズ船の乗船者が12人で、合計61人となっている。

一方、19日までに症状が改善し退院した人などは、国内の感染者などが215人、クルーズ船の乗客乗員が551人で、合わせて766人となった。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

タグ
病気, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント