02:12 2020年07月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

ツイッターの共同創設者兼CEOのジャック・ドーシー氏はコロナウイルス対策として10億ドル(約1080億円)を寄付した。これはドーシー氏の資産の3分の1に相当し、同対策としては世界で最も寛大な寄付となった。

ドーシー氏は、決済サービスSquare(スクエア)の自身の株10億ドル分をコロナウイルス対策に寄付すると発表した。「フォーブス・リアルタイム」によるとドーシー氏の資産は33億ドル(約3564億円)のうち約3分の1に当たる。

ドーシー氏はツイッターに「スクエアの私の株10億ドルを世界のCOVID-19対策支援に送る」と書き込んだ。パンデミックの「武装解除」後は、支援は女性の健康、教育、ベーシックインカムが中心となる、と同氏は結んだ。

​ドーシー氏によるコロナウイルス対策への寄付は現在までに行われた中で最も高額だ。これまでに高額な寄付をしたのはビル&メリンダのゲイツ夫妻で、その額は1億ドル(約108億円)だった。「フォーブス・リアルタイム」によると夫妻の資産は1021億ドル(約11兆268億円)で、寄付金はその1%にも満たない。

 

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント