07:15 2020年10月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

モスクワ市では6月5日、新型コロナウイルスの感染により新たに58人の死亡が確認された。死者の多くは基礎疾患があった模様。新型コロナウイルス対策本部の最新発表で明らかになった。

対策本部の発表によれば、モスクワ市で新たに死亡が確認された58人には基礎疾患があったという。これで新型コロナウイルスの感染によるモスクワの死者は合わせて2864人に達した。

モスクワでは6月1日(月)に追加の規制緩和が行われた。モスクワ市のセルゲイ・ソビャーニン市長は国営放送「ロシア1」の番組に出演した中で、実施された規制緩和から1週間の間に感染拡大を示す兆候が確認されなければ週明けの月曜日には抜本的な規制緩和に踏み切る考えを示した。

一方、モスクワ州のアンドレイ・ボロビヨフ知事は同じく「ロシア1」の番組に出演した中で、州内ではショッピングモールなどの営業再開は引き続き困難との見通しを明らかにした。

ロシアで新型コロナウイルスの新たな感染者数は過去24時間で8726人に達し、国内の感染者数は計44万9834人となった。死者は144人増えて計5528人となった。ロシアのPCR検査実施回数は1200万件を超えている

世界保健機関(WHO)のマーガレット・ハリス報道官はジュネーブで行われたブリーフィングで、ロシアはプラトー期(ピーク後の横ばい状態)に入ったと発表、「現在ロシアはプラトーを示している」と述べた。またハリス氏は「ロシアは多くの検査を実施しており、これは素晴らしいことだ」と指摘した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント