12:46 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

中国北京市政府は市内最大の卸市場で発生した新型コロナウイルスの集団感染の発生後、さらに22の地区を中程度の感染リスクゾーンに指定した。

中国で唯一、最高の感染リスクに指定されたのは北京市最大の食品卸売市場「新発地」のあるフエタイ地区のフアシャン街。

食品卸売市場「新発地」は北京全体の食料供給をまかなってきた。市場はひっきりなしに多くの人出でにぎわっているために感染ゾーンは近隣の地区で収まらず、市内全体に広がってしまった。

北京では6月6日、大規模なイベントの実施が許可され、検温、マスク着用、市外に出る際の通行登録の義務が撤廃された。ところが5日後の11日にはすでにコロナウイルスの新たな感染例が確認された。

集団感染が発生した新発地市場では、輸入シャケを切るまな板の上からコロナウイルスが発見され、その後、戒厳令が発動された。

北京市政府は、14日、7万6499人に対して感染検査を行い、59人に陽性反応が確認された。

関連ニュース

北京に隣接する大都市 北京での集団感染を受けて戒厳令導入 中国

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント