15:02 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
112
でフォローする

ストックホルム大学の数学者、トム・ブリットン氏とピーター・トラップマン氏は、新型コロナウイルスに対する集団免疫を形成するには、人口の少なくとも43%が抗体を保有しなければならないことを明らかにした。サイエンス誌が伝えている。

集団免疫レベルは、ウイルスに対して免疫を獲得したため病原体の感染プロセスを妨害する人口の割合として定義される。

集団免疫の作用は、自主隔離やソーシャル・ディスタンス(社会的距離)、外出禁止などの制限措置が廃止された場合に認識される。

ノッティンガム大学のフランク・ボル教授は「我われは新しい数学的メソッドを使用して個体群の集団免疫の展開を評価し、集団免疫は43%のレベルで達成する可能性があることを発見した」と述べ、「これは社会的活動の増加と関係しており、年齢層との相関関係はない。社会が活発であればあるほど、社会はより早く感染に対応することができ、集団免疫もより早く形成される。そして回復もより早くなる」と指摘した。

学者らは、自然感染による集団免疫は人口の大部分がその感染症にかかったときに形成されるが、人工的に免疫を与える(ワクチン接種)ことによっても集団免疫をつくることができると強調している。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント