13:59 2020年12月01日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (54)
0 41
でフォローする

新型コロナウイルスのワクチン「エピワクコロナ」を開発したロシア国立科学センター「ベクトル」のリナート・マクシュトフ所長は、年明け2021年に大規模な接種を開始する計画を明らかにした。

マクシュトフ所長は、ワクチン接種はロシア国民には無料で提供され、強制的ではなく受けたい人が受けると指摘している。

ワクチン接種は医療機関、教育機関、警察、公共交通機関の運転手、大勢の人間との接触を迫られる職種の機関の職員らに優先的に提供される。

マクシュトフ所長は、「エピワクコロナ」ワクチンの優れた特徴のひとつとして、遺伝上、また抗原の上でも異種のウイルス株にも効果を発揮できる点だと指摘している。

ロシアの開発したコロナウイルスのワクチンは「エピワクコロナ」で2種類目。「エピワクコロナ」は10月14日に登録されている。

関連ニュース

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (54)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント