13:18 2020年11月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

米生物学者らがCOVID-19に感染した喫煙者が重症化するリスクを分子メカニズムで調べた。「Cell Stem Cell」誌に掲載されている。

気道とは鼻や口から入った呼気が肺に入る時にたどる経路であり、空気中に漂う病原体がら体を守る第一線になる。臨床医らはCOVID-19に感染した場合、重症化し、死に至るケースはタバコを吸わない人よりも喫煙者の中に多いと指摘している。だがその原因については今まで全貌は明らかにされていなかった。


調査の本質とは?

ロサンゼルス、カリフォルニア大学付属再生医療幹細胞調査センターは、コロナウイルスに感染した喫煙者の気道に何が起きているか、そのプロセスを再現した。

プレスリリースに記された、研究リーダーのブリジット・ゴンパーツ氏の話によれば、「モデルは気道の上部を再現したものだ。ウイルスがまず入ってくるのはこの場所で、ウイルス、バクテリア、有害物質をキャッチするための粘液を生産し、指の形の突起のついた細胞を持っていて、粘液を上に、そして外に出そうとする。」

喫煙の効果を出すため、気道モデルには毎日3分、4日間にわたって煙草の煙を送り込んだ。

その結果、タバコの煙で侵されたモデルでは感染した細胞の数はタバコを吸わない人の2-3倍多かった。このことから喫煙者に重症化する例が多いのは、いわゆるインターフェロン、つまり免疫システムのたんぱく質 の活動が少なくとも部分的にブロックされてしまうことが原因という帰結に達した。


タバコで肺の防御バリアに穴があく

インターフェロンは初期段階の免疫応答で決定的な役割を演じている。感染した細胞にウイルス攻撃用のたんぱく質をつくるよう命じ、感染していない、健康な細胞には病原体の侵入を警告するのがまさにこのインターフェロンだからだ。ところがタバコの煙はインターフェロンに対する気道の反応を鈍化させてしまう。

ゴンパーツ氏は「気道が城を守る高い防御壁だとしたら、喫煙はその壁に穴をあける行為。タバコを吸うことで元から備わる防御力は落ち、これによってウイルスは体内に侵入してしまう」と説明している。

タグ
新型コロナウイルス, 喫煙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント