03:30 2021年01月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 41
でフォローする

スイス人医師らが、COVID-19感染者の中でも1月半ないしはそれ以上長期化する場合に倦怠感、嗅覚、味覚の喪失、呼吸困難、咳といった症状が見られると発表した。この報告は学術誌Annals of Internal Medicineに掲載されている。

研究者らは自宅療養の患者に定期的に電話し、体調をたずねた。自宅療養の患者は669人。COVID-19感染による体調悪化を招きかねないリスク要因はなく、平均年齢は43歳だった。

筆者らは、こうしたグループの患者は短期で回復すると考えていたが、予想に反してCOVID-19診断後、6週間が経過してもおよそ3分の1の患者にコロナに関連した症状が残り続けた。倦怠感を感じていたのが14人、嗅覚、味覚の喪失が12人、呼吸困難が9人、咳が止まないのが6人、頭痛が3人に残った。

あるクリニックで医長を務め、この記事の主筆者のメイサム・ネフメ医師は、患者の精神状態について次のように描写している。「肉体的な痛みだけでなく、多くの人が症状がいつまで続くのか不安を感じている。この問題へは医学的に明確に答えることはまだできない。今明らかにされているくらいのレベルでは、患者の声に耳を傾け、支えになることが重要だ。」

報告の筆者らは、症状が長期化する可能性を認め、患者をなぐさめながら、治療を最適化をはかることが課題と書いている。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント