02:22 2021年04月14日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 22
でフォローする

次期大統領に選出された米民主党のジョー・バイデン氏は新型コロナウイルスのワクチン製造を加速化させるため、国防生産法の発動を検討している。地元デラウェア州で行った集会で発言した。

バイデン氏は集会の中で、国防生産法によりワクチンの製造を大幅に加速化させる考えを示した。国防生産法は米国が朝鮮戦争に参加していた1950年に制定された法律。緊急事態時に連邦政府による民間企業の統制を許可する法律として知られている。

新型コロナウイルスのパンデミック宣言初期にトランプ大統領もこの法律を発動していた。朝鮮戦争への支援を目的として制定されたが、その後はほかの戦争でも適用されてきたほか、大規模災害などの非常事態時にも使用されてきた。法律では企業に対し、国防を目的とした製造を優先させることが定められている。

近年では2001年のカリフォルニア電力危機イラク戦争、2017年のハリケーンによる大規模な被災時に発動されてきた。

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント