22:47 2021年04月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 39
でフォローする

オーストリア当局は、49歳の女性がアストラゼネカ社製コロナワクチンの接種後、重度の血液凝固異常により死亡したことを受け、予防策として同ロットのワクチンの使用を停止した。

オーストリア連邦保健分野安全省(BASG)は「現在、ワクチンとの因果関係を証明するものはない」と強調し、血栓異常はアストラゼネカ社製ワクチンの既知の副作用には含まれていないと説明した。

また、接種を受けた別の女性(35)は肺血栓塞栓症を発症したことも報告された。女性は現在、回復途上にあるという。

「安全のために」両女性に使用されたワクチンの同ロットの残りは使用しないことが決まった。

関連ニュース

タグ
オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント