01:57 2021年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 04
でフォローする

チリで6か月の乳児に誤って中国の製薬会社シノバック・バイオテック開発のコロナウイルスのワクチンが接種された。地元の24 Horas テレビ局が誤接種の起きた市の政府の発表を引用して報じた。

24 Horasの報道によれば、乳児の母親は月齢に合わせてワクチン接種を行うためにビオビオ州のチルア市にある家族健康センターに乳児を連れてきた。

チルア市政府は誤接種を受けて、関連機関へ通知を行い、「子どもの状態の管理、観察を行うためにあらゆる措置」を講じる一方で事件の捜査をすでに開始している。

市政府は、「我々は赤ちゃんの健康を非常に懸念しており、好ましくない反応が出ないよう、経過観察を続けている」との声明を表し、家族にはあらゆる必要な支援を行うと約束している。

3月17日、米国でワクチンを接種した産婦からすでにコロナウイルスの抗体をもった新生児が誕生している


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 事件, チリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント