06:53 2021年06月25日
アストラゼネカ社製ワクチンをめぐるスキャンダル すでに接種を中止したのはどの国か?
© Sputnik

3月中旬までに確認された副作用の発生情報から、英オックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発したコロナウイルス用ワクチンの使用を20ヶ国以上が部分的または完全に中止すると発表した。

ワクチンの利用中止の理由は、「専門的なものであり、政治的なものではない」とドイツのイェンス・シュパーン保健相は表明した。アストラゼネカ社製ワクチンの製薬使用の一時的中止は、一部の患者たちに血栓症と塞栓症が発症し、死亡例も確認されたとの報道から決定された。初のケースの1つがオーストリアで確認され、その後、死亡例がデンマークとイタリア、スロバキアで報告されている。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る