07:57 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 18
でフォローする

WHOの発表では、同機関の専門家はアストラゼネカ社製ワクチンの接種と血栓症の関連を見つけられず、ワクチンの効果はリスクを上回っていると指摘する。ワクチンの安全性に関する国際諮問委員会の会合で結果が明らかにされた。

報告では、「得られたデータは、新型コロナウイルス用ワクチンの接種後に深部静脈血栓症または肺血栓塞栓症といった血液凝固に関連する診断の全体的ななんらかの増加を示していない。ワクチン使用後に示された血栓塞栓症の指数は、こうした状態の診断の予想数と一致している。2つの病気は自然発生するもので、珍しいものではない。これらは新型コロナウイルスの予後としても生じる」と指摘する。

専門家らは注視される2つの病気の指数は予想よりも低かったと強調する。

WHOは、アストラゼネカ社製ワクチンの接種後に欧州で血栓症の発症例が報告されたにも関わらず、「それら(血栓症の症例)は接種によって生じたことを確定させるものではない」と補足した。

報告では、「欧州医薬品庁のファーマコビジランス・リスク評価委員会は、欧州のアストラゼネカ社製ワクチンの2000万超の接種例から静脈洞の血栓形成に関する18症例を調査した。現在、この稀な症例における因果関係は明らかにされていない」と強調する。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント