05:39 2021年10月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 51
でフォローする

米食品医薬品局(FDA)は英グラクソ・スミスクライン社(GSK)と米ヴィル・バイオテクノロジー社(VIR)が共同開発したコロナウイルス治療薬「VIR-7831」の緊急使用を承認した。FDAの声明で明らかになった。

2021年3月末、これらの企業はモノクローナル抗体をベースに開発したコロナウイルス治療薬 「VIR-7831」の使用許可をFDA に申請していた。

声明によると、この治療薬は成人と未成年(年齢12歳以上、体重40キロ 以上)の治療薬として緊急使用が許可されたとのこと。コロナウイルスに感染し、重症化リスクにさらされている人が対象になるという。そのため、中等症や重症の患者は対象にならない。

先に企業側が発表したところによると、「VIR-7831」を初期段階の感染者に使用した場合、入院と死亡のケースは85%も減少したという。

​関連ニュース

タグ
米国, ワクチン, Moderna, 新型コロナウイルス, AstraZeneca
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント