02:07 2021年06月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

コロナワクチン接種促進のため、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は総額1億1650万ドルの宝くじキャンペーンを発表した。当選金額は最大150万ドル(1億5600万円)で、ワクチン接種をした住人の中から10人まで選ばれる。

ニューサム知事がツイッターに投稿したところによると、当選者10人がそれぞれ150万ドルを手にする。当選者は6月15日に発表される。また、6月4日と11日にはそれぞれ30人の当選者が発表される。賞金はそれぞれ5万ドル(550万円)となっている。

​この宝くじにはカリフォルニア州在住で12歳以上の市民が応募できる。宝くじに応募するには少なくとも1回はワクチン接種を受けている必要がある。 

米国ではカリフォルニア州の他に、オハイオ州やニューヨーク州、コロラド州でも同様の宝くじキャンペーンが行われている。

関連ニュース

タグ
AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント