07:10 2021年06月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

日本の菅義偉首相は9日、国内の新型コロナウイルスのワクチン接種について、今年の10月から11月にかけて希望者全員に終えるようにしたいとの考えを示した。NHKが報じている。

管首相は、立憲民主党の枝野幸男代表との党首討論で「まさにワクチン接種こそが切り札だ」と強調。65歳以上の高齢者への接種については「7月いっぱいで終えられるという報告を受けている」と述べた

6月下旬からは企業や大学などで職域接種が開始されることから、管首相は6月末には国内の接種回数が4000万回を超えると指摘し、10月から11月にかけて希望者全員に接種し終えることを実現したいと述べた。

日本経済新聞によると、日本国内での新型コロナウイルスワクチンの累計接種回数は、6月8日時点で1937万1685回。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, 菅義偉, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント