20:50 2021年08月01日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

日本の岡山県岡山市の医療機関で22日、新型コロナウイルスのワクチン接種をすでに2回終えた90代の女性が、同姓同名の別の女性と間違えられ、3回目のワクチン接種を受けていたことがわかった。女性の体調に異変はないという。日本のメディアが報じた。

岡山市によると女性は22日、訪れた医療機関の待合室で名前を呼ばれて診察室に入ったところ、新型コロナウイルスのワクチンを接種された。その際、女性にワクチンの接種であることは告げられなかったという。

現時点では、女性の体調に異変は確認されていない。

この医療機関には同じ時間帯に同姓同名の2人の女性が訪れており、ワクチン接種のため訪れた女性もこのとき、予定どおり接種を受けた。

同市では21日にも高齢者施設で3回目の接種を行う事例が発生しており、市は原因を分析し再発防止に努める方針。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント