22:15 2021年07月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

ロシアでは6月から7月上旬にかけて検出された新型コロナウイルス変異株のうち、インドで発生した「デルタ株」が全体の66パーセントを占めている。ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督庁のアンナ・ポポワ長官がテレビ局「ロシア1」の生中継で発言した。

ポポワ長官は「ロシア1」の番組に出演した中で、次のように指摘した。 

この期間において、つまり6月と7月上旬においてロシアで検出された全ての変異株のうち、66%が「デルタ株」となっている。

その他は、「アルファ株」と従来のコロナウイルスがほとんどだという。

より感染力の高いスパイク蛋白質を持つ「デルタ株」は様々な国で感染拡大しており、ロシアの一部地域でもデルタ株が流行の中心となっている。

関連ニュース

タグ
Pfizer, 新型コロナウイルス, AstraZeneca, Moderna, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント