20:39 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 115
でフォローする

日本の河野太郎行政改革担当相は、新型コロナウイルスワクチン接種について、1回目と2回目に異なるワクチンを打つ「交差接種」の是非を政府内で検討していると明らかにした。共同通信が報じている。

29日のテレビ番組に出演した河野氏は、新型コロナウイルスワクチンをめぐる状況についてこのように発言した。同氏は、この件について厚生労働省に見解を求めており、「認められれば接種加速化につながる」と指摘している

また、ブースター接種とよばれる3回目の接種については、「早ければ医療従事者に10〜11月、高齢者は来年1〜2月」に開始するとの見通しを示した。ワクチン接種証明書については、飲食店や旅行などで活用することを念頭に、年内にデジタル化を実現すると明らかにした。

関連ニュース

タグ
日本, 河野太郎, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント