18:22 2019年06月27日
難民

第66回ベルリン国際映画祭 最優秀作品賞に難民を描いた映画

© REUTERS / Marko Djurica
文化
短縮 URL
410

20日、第66回ベルリン国際映画祭の授賞式が開かれ、最優秀作品賞の金熊賞に、イタリアのジャンフランコ・ロージ監督のドキュメンタリー映画「火の海」が選ばれた。

ロージ監督は「火の海」で欧州への難民流入問題を取り上げており、同作品では、不法移民の主な通過点となっている地中海の島ランペドゥーサ島の人々の生活が描かれている。

なお第66回ベルリン国際映画祭の審査委員長を務めたのは、米国の女優メリル・ストリープ氏。

関連:

「スターウォーズ」新作撮影がロンドンで開始
日本のハリーポッターファンためにキャラクターがアニメ版で登場
レオナルド・ディカプリオのロシア人そっくりさん、本物にあまりにそっくり
タグ
移民, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント