13:03 2021年01月24日
文化
短縮 URL
437
でフォローする

日本人作家の村上春樹氏はFacebookの自身の公式ページ上に、昨年のノーベル文学賞受賞者のスヴェトラーナ・アレクシェヴィチ氏が今年は村上氏の受賞を歓迎したいものだと語ったニュースを掲載した。

アレクシェヴィチ氏はプラハのラジオ「自由」のオフィスを訪れた際に、「ムラカミの話でもちきりね。彼の作品は簡略化したものだとも言われますけど、私はこの作家が好きですよ。事象の東洋的なアレンジや理解をいいと思うからです。私はこれを面白いと思います」と語った。

村上氏はここ数年たてつづけにノーベル文学賞の有力受賞者候補に挙げられており、ブックマーカーらの間では今年の受賞は村上氏の可能性が最も高いとされている。

文化の関連ニュースはこちら

関連:

村上春樹のノーベル文学賞はディカプリオにとってのオスカーのようなもの
アクーニンが日本語で、村上春樹がロシア語で読めるのは誰のおかげ?
村上春樹さんの新たな短編集が遂にロシア語に
タグ
ノーベル賞, 文化, 文学, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント