03:40 2019年12月16日
地球最古の文明が非常に長く存続した理由を学者が語る

地球最古の文明が非常に長く存続した理由を学者が語る

© Sputnik / Evgeny Pakhomov
文化
短縮 URL
0 90
でフォローする

考古学者の研究チームが調査を行い、いかに有名なインダス文明が数千年も存続し、インダス川を苦しめた致命的な干ばつに適応したかが判明した。

ある歴史的時点で、インダス文明の情勢は悪化し始めた。それには、干ばつと寒冷をもたらした気候変動が何よりも影響した。このような問題はインダス川沿いに移住した人々を簡単に生活不能にできた。しかし、実際には生活不能にはならなかったため、学者は、人々が生き延びた理由を解明しようとした。

研究チームは干ばつしたコトル・ダハール湖の岸に向かった。そこで地0むは発掘調査を行い、太古の人々は同時に数種類の野菜と穀物を育てていたと特定した。そのため、栽培物の幾つかは夏季に、いくつかは反対に冬季に生き延びたのであり、そのおかげで人々は資源と水を正しく分けることで常に食料調達ができたのだ。

それより前にエジプトとスウェーデンの考古学者らは、有名な王家の谷の南方数キロの場所で、新王国時代の古代エジプトの墓12を発見したと報じられた。

タグ
文化, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント