14:51 2018年06月25日
悪魔

17世紀の「悪魔の手紙」が解読される【写真】

© Fotolia / Serpeblu
文化
短縮 URL
0 106

イタリアの学者たちが、「悪魔にとり憑かれた」修道女の手紙を解読した。ラ・スタンパ紙が報じた。

スプートニク日本

イザベラ・トマシは15歳の時から女子修道院で暮らしていた。1676年のある朝、イザベラが目を覚ますと、手と顔がインクで汚れていた。机には、謎の文章が書かれた紙が置かれていた。

イザベラは、悪魔にとり憑かれ、悪魔がイザベラの手を使って文章を描いたと話した。

この文章は300年以上解読されなかった。

だが遂にカターニアにあるルドゥム・サイエンス・センターの学者たちが、「DarkNet(ダークネット)」で見つかったアルゴリズムを使用して解読に成功したと発表した。

文章は、複数の言語を混ぜ合わせて書かれていたことがわかった。その内容は、神、悪魔、人間の関係についてのものだった。修道女イザベラは、「神は人間によって考え出された」、そして「このシステムは誰にとっても機能しない」と記していた。

 

​先の報道によると、英紙ミラーがフィリピンに住む、魚鱗癬という珍しい皮膚病に苦しむ男性アントニオ・レロイさんの悲しい話を語った。

 

タグ
研究, 文化, 宗教, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント