06:38 2019年01月17日
映画

2018年のベストフィルム10作品を発表 米国映画協会【動画】

© Sputnik / Artyom Zhitenev
文化
短縮 URL
2018年の話題を総括 (64)
0 0 0

アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI/米国映画協会)が、2018年のベストフィルム10作品のリストを発表した。

スプートニク日本

リストには、次のような作品が名を連ねた。『アリー/スター誕生』(ブラッドリー・クーパー監督)、『ブラックパンサー』(ライアン・クーグラー監督)、『女王陛下のお気に入り』(ヨルゴス・ランティモス監督)。

また他にも、『クワイエット・プレイス』(ジョン・クラシンスキー監督)、『エイス・グレード』(ボー・バーナム監督)、『ビール・ストリートの恋人たち』(バリー・ジェンキンス監督)、『メリー・ポピンズ リターンズ』(ロブ・マーシャル監督)、『ブラック・クライズマン』(スパイク・リー監督)、『First Reformed』(ポール・シュレイダー監督)、『Green Book』(ピーター・ファレリー監督)が選ばれた。

特別賞を受賞したのは、メキシコのアルフォンソ・キュアロン監督の『Roma/ローマ』。1970年代初期のメキシコの裕福な家族の歴史をテーマにした作品。

関連ニュース

国際エミー賞、受賞俳優・受賞作品が米で発表

今年の「最もセクシーな男性」が発表される

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
文化, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント