07:14 2020年06月03日
文化
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国の美術家ジェフ・クーンズ氏の彫刻「ラビット」が、競売大手クリスティーズのオークションにかけられ、存命の芸術家の作品としては史上最高額の9110万ドルで落札された。なお予想落札価格は5000万ドルから7000万ドルだった。

スプートニク日本

「ラビット」は1986年に制作されたステンレス製の作品で、本物であることを証明するジェフ・クーンズ氏の署名入りの証明書が添付された。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント