15:38 2020年07月04日
文化
短縮 URL
2019年の話題を総括 (17)
0 11
でフォローする

ウェブスター辞典として知られている米国の権威ある英語辞典「メリアム・ウェブスター」は、2019年の単語として代名詞の「they(彼ら)」を選んだ。その理由は、この単語が広く使われたためだとしている。

同辞書のピーター・ソコロフスキー特別編集者は、「2019年の単語は、they(彼ら)です」と公式サイトの動画で発表した。

女性
© Depositphotos / Syda_Productions
ソコロフスキー氏いわく、英語には、彼(he)、彼女(she)という単数の男性と女性を示す代名詞はあっても、単数中性に相当する単語がない。少し前から、男女の性別に分類できないひとりの人に対しても使われている。

性別二元制(あるいは性別二元論、ジェンダー・バイナリ)とは、性を「男」と「女」のどちらかに分類する社会規範を指す。

複数の性を自認するのを好む人たちは、英語のhe(彼)、she(彼女)ではなく、中立的な代名詞としてthey(彼ら)と呼ばれることが増えたと認識している。

ウェブスター辞書の2018年の単語は「justice」。この単語は、公正、裁判、司法制度、裁判官などを意味する。

関連記事

トピック
2019年の話題を総括 (17)
タグ
文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント