17:33 2020年07月05日
文化
短縮 URL
0 20
でフォローする

仏王妃マリー・ アントワネットのトラベルチェストと1775年に行われた夫、ルイ16世の戴冠式で使用したナプキンが24日、La Royauté à Versailles(「ベルサイユの王室」)のオークションで合わせて約6万ユーロで落札された。AFP通信が報じた。

オークションに出品されたマリー・ アントワネットのトラベルチェストは1780年のもの。木製で表面には革が張っており、蓋は丸みを帯びていて、保護用に10本の木が張り付けてある。 

蓋には「Chambre de la Reine n°10」(「王妃の寝室No. 10」)と書かれている。

La Royauté à Versaillesによると、同じようなトラベルチェスト2個がベルサイユ宮殿のコレクションにある。

チェストの落札予想価格は8000〜1万ユーロだったが、4万3750ユーロで落札された。

同じく出品されたマリー・ アントワネットのナプキンは1万4500ユーロで落札された。これは大きな絹のナプキンで、1775年に行われた夫、ルイ16世王の戴冠式でマリー・ アントワネットが使用したもの。落札予想価格は2000~3000ユーロだった。

またAFP通信によると、その中にルイ16世の髪の房が入った金で覆われた水晶のハート型のロケットも出品され、4000ユーロで落札された。落札予想価格は1800~2000ユーロだった。

関連ニュース

タグ
文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント