09:09 2018年07月19日
ロンドン地下鉄

ロンドン地下鉄:広告代わりに猫(写真、動画)

© Flickr/ Nikos Koutoulas
エンタメ
短縮 URL
0 80

ロンドン市民と訪問客は9月末までユニークな猫の写真を鑑賞できる。

ロンドン南部のクラッパムコモン駅が数週間、愛猫家にとっての本当の天国に変わった。構内全ての広告が猫のポスターに入れ替わったのだ。

かわいらしいこのアイデアは、グリンプスという団体と創設者ジェームズ・ターナー氏のものだ。関心を持つ人たちの助けによって、団体は「市民広告買収サービス(Citizens Advertising Takeover Service= CATS)」キャンペーンのための資金2万5000ドルを集めることができた。クラウドファンディングサイトのキックスターターが報じた。ちなみに、ポスターの猫は 「Cat Protection」と「Battersea Dogs and Cats」という保護団体に保護されている猫だ。

 

 

ターナー氏は次のように述べた。

「あなたに何かを買うよう勧める代わりに、私たちはあなたの人生で本当に価値あるものは何かを考えるよう提案します。これは猫ではないかもしれないけれど、おそらくm店では買えない何かでしょう。」

関連:

最寄り駅まで飛ぶ!中国で初の空中路面電車が製造される
どっちがどっち?ペテルブルグとモスクワ、両首都の観光名所
タグ
エンタメ, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント