18:21 2018年08月14日
イノシシ

野生のイノシシが英国大使に猪突猛進 その結末は…

© Fotolia / @nt
エンタメ
短縮 URL
170

ウィーンに出張したリー・ターナー駐オーストリア英国大使は ウィーン南西部にあるライン動物保護区に散策に出かけたところ、保護区で野生のイノシシに追いかけられる事件が発生した。

スプートニク日本

幸いなことにイノシシはターナー大使にはたいした危害を与えず、大使はころんで2箇所を打撲したほか、イノシシと遭遇した場合の対処法について世界から貴重な進言を得たにとどまった。

ターナー大使は英国外務省の公式サイトにこの珍事の詳細を記した。大使はナチスのマウトハウゼン強制収容所を視察したあと、保護区を訪れていた。散策でイノシシの群れに遭遇したが、そのうちの1頭が大使の背中に向かって猛進したため、大使は木によじ登って、難を逃れたようとしたがその際につまずいてころんでしまった。あわやという時にイノシシは気を変え、群れにもどっていった。

大使は自身は無事で、あざや擦り傷をおったのは自分のせいだと書いている。

この前、ハチの群れがロンドン中心部で渋滞ピーク時に交通を麻痺させた。

タグ
おもしろい, エンタメ, 事件, オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント