07:41 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    「だんなデスノート」書籍化

    「だんなデスノート」書籍化

    © Depositphotos/ Imtmphoto
    エンタメ
    短縮 URL
    0 44

    宝島社が10月27日、「だんなデス・ノート」を発売した。価格は1100円(税別)。「SoraNews24」、「ナリナリドットコム」などが伝えた。

    スプートニク日本

    この本は、「夫に死んでほしい」と願う妻たちが、夫への不平・不満、夫の死の願望を投稿するサイト「だんなデスノート」の書籍化。「著者」は「死神」とだけ記され、「朝起きたら冷たくなって死んでますように」、「死体で帰ってこい!赤飯炊いてやるから」といった言葉が収録されている。

    同社によると、「『不満や愚痴は一人で悩み続けず、どこかに吐き出す必要がある』と考えるサイト管理人が社会に送り出す、読んでスッキリ、孤独なストレスを和らげる一冊です」とのことだ。

    この本に収められている不満や愚痴には、冗談半分のようなものも含まれてはいるが、中には弁護士や警察に相談した方がよさそうなものもある。

    タグ
    エンタメ, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント