17:21 2019年11月20日
夏、若者

理想的な休暇はどうあるべきか研究者が語る

CC0 / Pixabay
エンタメ
短縮 URL
122
でフォローする

クルーズ旅は精神的ないし感情的状態に良い影響を及ぼす。そして重要なことだが、効果は長く続く。英紙デイリー・メールが中国の大学の論文を基に報じた。休暇などの旅行は、環境の変化による感情的な経験、新しい人との関係、新しい場所を訪れ精神を拡げる思考的経験の3つの利益をもたらす。

スプートニク日本

実験ではクルーズから戻ってきたばかりの317人と、半年前にクルーズ旅に行った295人を対象に調査が行われた。調査は、人生の満足度や感情的な状態を含む個人的な幸福の水準を評価することが目的。参加者の年齢層は様々で、朝鮮半島からカリブ諸島までクルーズでの行き先は異なっている。

明らかになったところ、クルーズで得られた多方面的な経験は、目的地が1箇所だけの旅より一層、上記の3つの利点を促進する。そして効果は帰宅後、最大6ヶ月まで保たれる。クルーズから得られる短期的な幸せは、感情的な経験と新たな人々との出会いにより得られる。そして長期的には、感情的な経験が効力を失ってからも、様々な場所を訪れたことによる思考的経験により幸せが得られる。

関連ニュース

訪日クルーズブームで新商品が誕生

欧州 一番きれいな水質のビーチが楽しめるのはどこ?

タグ
健康, 研究, 旅行, 調査, 観光
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント