00:29 2019年03月27日
「ミス・モスクワ」と結婚した王が王位を放棄

「ミス・モスクワ」と結婚した王が王位を放棄

© AFP 2018 / Mohd Rasfan
エンタメ
短縮 URL
0 12

1月6日、この日はマレーシアの王ムハンマド5世が王位を放棄したことで知られることとなった。ロイター通信が報じた

スプートニク日本

王位の放棄は、マレーシア憲法に従って行われると伝えられている。決定は直ちに有効となる。

王が任期中に王位を放棄するというのは、マレーシアの歴史の中ではじめてのケース。決断の理由は公表されていない。

マレーシアの「スター」紙によると、ムハンマド5世は彼の故郷であるマレーシアのクラタン州スルタンに戻る予定。

ムハンマド5世は2016年に王位を継いでいた昨年11月、ムハンマド5世は美女コンテスト「ミス・モスクワ2015」の優勝者オクサーナ・ヴォエヴォジナさんと結婚した。王宮は、彼女に王族の称号「ダティン」を与えると発表していた。

タグ
おもしろい, マレーシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント