22:46 2019年07月17日
エンタメ
短縮 URL
130

奈良公園の鹿せんべいといえば、始まりは江戸時代前期にもさかのぼる、数世紀の歴史を誇り、今もなお残り続ける元祖観光振興手段。

スプートニク日本

せんべいを買った客を鹿が覚えていて、くれるまで執拗に追ったり、時には餌欲しさに攻撃にでる話はよく聞かれる。それほどたまらない美味しさらしい。

果たしてどれほど美味なのかといえば、人間には推し量るしかすべはないのだが、若草鹿之助という鹿が歌う『鹿せんべいツイスト』によれば、この鹿せんべいは世界の鹿が「一度は食べたい」という憧れの的なのだそうだ。「悲しいときでも、つらい時でも食べたら踊りだす」ほどありがたい味がする、らしい…。

まぁ、神の使いである鹿様がそこまでおっしゃるなら、どうぞお食べくださいと喜んで差しあげたい。ところが、その鹿様がとうとうせんべいに飽きてしまわれたそうなのだ。

目の前に落ちている割れせんべいを見まいと瞑想にふける鹿は、頭にせんべいを載せても反応すらない。とうとう鹿にも飽食の時代が到来してしまった。鹿大好きな「泡」さんは喜ぶ姿を見たくて会いに行ったのに、これを見て悲しい思いがしたと書いている。

令和の幕開けとともに、今、日本は10連休ただ中。観光名所の奈良公園も初夏の陽気に誘われ、さぞや多くの観光客でにぎわっているに違いない。鹿はこういう時は「勤務」中となる。たくさんお客さんがくるのも、たくさん餌をふるまわれるのにも疲れたのだろう。家族サービス中のお父さんなら、この心中が分かるかもしれない。

関連ニュース

タグ
かわいい, 日本, エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント