08:37 2020年12月06日
エンタメ
短縮 URL
125
でフォローする

トランプ米大統領は26日、大相撲夏場所の千秋楽に東京の両国国技館を訪れ、長年の念願だった相撲を観戦し、土俵に上がって米国大統領杯の表彰式を行った。この際のトランプ氏の演説を生中継していたNHKが、字幕翻訳を入れず、単に「英語」とのみ表示したため、この対応がSNS上で即座に爆発的な反響を呼んだ。

スプートニク日本

訪日が計画された際にトランプ氏が相撲観戦の希望を表明すると、安全面の憂慮から難色が示されたことは確かだが、まさか土俵入りがこれだけの大爆笑を呼ぶとは、誰にも予想はできなかっただろう。トランプ氏の演説中継の翻訳にNHKがとった手段は終始「英語」と表示することだった。

ツィッターでは「英語でまとめるなんて、NHK思い切りがよすぎる」「笑った」「愛嬌がある」という好意的なユーモアもあれば、「まともな字幕作成者を雇え」という怒りの声から、字幕をしかも外国語から即時和訳して入力することは不可能という語学関係者とみられるシビアな指摘も挙げられた。

関連ニュース

タグ
相撲
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント