08:50 2020年10月25日
エンタメ
短縮 URL
0 60
でフォローする

モスクワ在住の男性がバカンス先への寝台列車の旅に飼い猫一同を同伴し、コンパートメントを借り切った。プラットフォームから写したロシア南部クリミア半島のアナパ行きの車窓の写真では、少なくとも3匹の猫が上段のベッドに寝転んでくつろぐ様子がわかる。この写真、ロシアのSNS「ヴ・コンタクチェ」で話題を呼んでいる。

ロシア鉄道株式会社の規則では、動物を同伴する場合、飼い主はコンパートメントを借り切ることが義務付けられている。

コンパートメントを飼い猫のために借り切り

この写真を「ヴ・コンタクチェ」に掲載したのはモスクワ在住のイリヤ・ハンギレエフさん。ハンギレエフさんは普通の一市民だが、この写真のおかげで突如、注目の人になってしまった。

書き込みを読むと、大多数がハンギレエフさんは優しい人だとほめている。「えらいわ、この飼い主。これなら猫もストレスなしね」、「いいね、これ。僕らも旅行したときコンパートメント借り切ったよ。オムスク(シベリア)からヴォルゴグラード(南部)まで、猫たちは落ち着いた旅を楽しんだよ」、「いい飼い主だ。猫たちのためなら何も惜しまない。猫になってこんな飼い主と暮らしたいと思った人もいるだろうな。」

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント