21:16 2020年11月27日
エンタメ
短縮 URL
0 12
でフォローする

ニューラルネットワークGANをベースに作製され、「GANksy」と名付けられたボットが、有名なストリートアーティスト・バンクシーの作品を習得した。現在、GANksyはバンクシーのスタイルで作品を創作しているが、しかし、そのジャンルはホーラーが中心となっている。アートニュースペーパー紙が報じた。

このボットは開発者のメット・ラウンド氏が創作したもので、5日間「指定した画家の作品」を習得させた。名前は法的な理由から言及されていない。ラウンド氏自身は、自分の開発を「私たちの不安な時代を作品に反映するクレイジーな天才」と言い表した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от VOLE.wtf 🐹⁉️ (@volewtf)

​GANksyはすでに256作品を描き上げ、それらはすべて販売に出された。当初、どの作品の価格も1ポンド(約137円)だったが、しかし、作品が販売されるたびに価格はさらに1ポンド値上がりしていった。

ラウンド氏は、このボットのベースをなすアーティストが、これを「愉快でクリエイティブなプロジェクト」と評価してくれることを期待すると語った。

関連ニュース

タグ
エンタメ, 人工知能, 芸術, バンクシー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント