18:08 2021年09月23日
エンタメ
短縮 URL
0 60
でフォローする

ウクライナのオデッサで猫が船のコンテナ内に閉じ込められ、イスラエルに到着するまでの3週間、チョコレート菓子を食べて生き延びた。ウクライナの「7チャンネル」が伝えた。

監視カメラの録画映像により、オデッサで船への貨物の積み込み作業が行われていた最中に、猫がコンテナに入り込んでしまったことが分かった。

船はオデッサの港を12月26日に出港、3週間後にイスラエルに到着した。

この間、猫はコンテナ内でチョコレート菓子を食べ、ダンボール箱を噛みながら生き延びた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Star Shine Shipping (@star.shine.shipping)

転送会社の責任者アレクサンドル・ヴィンニク氏は、同社でこのようなことが起こったのは初めてだと語った。船の乗組員たちは、猫はコンテナの壁の結露を舐めて生き延びたのではないかと考えている。猫は現在、隔離されているという。

この猫の話はイスラエル人に強い印象を与え、「7チャンネル」には猫を引き取りたいという問い合わせが寄せられているという。

関連記事

タグ
ネコ, びっくり, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント