02:58 2021年03月07日
エンタメ
短縮 URL
0 20
でフォローする

米映画「羊たちの沈黙」に登場する家が昨年30万ドル(約3161万円)で売り出されたが、その家がホテルに変身した。ホテルの新たな所有者であるクリス・ローエン氏はサイコスリラーの大ファンだ。

外から見ると、家は映画に出てきた様子とあまり変わらない。少し緑が植えられ、新しくペンキが塗られた程度だ。所有者によると、ホテルは宿泊だけでなく結婚式や撮影を行ったり、ツアーをすることができるという。

ローエン氏は「バッファロー・ビルの家が犠牲者のためにオープンしたことを誇らしく思います。つまり一般に公開しています!」と語る。

この家の今後については、ローエン氏にはアイディアがたくさんあるという。体験型ミュージアムを開き、バッファロー・ビルの井戸や工房を再現する予定だ。敷地内にはプールも作るという。

ジョナサン・デミ監督の「羊たちの沈黙」は1991年公開。ストーリーは次のように展開する。FBIアカデミー実習生のクラリス・スターリングが連続殺人事件を解明するために、元精神科医の囚人、ハンニバル・レクター博士に助言を求める。レクター博士は当初協力を拒んでいたが、クラリスが彼女自身の過去を語ることを引き換えに、犯人の精神状態や動機についてアドバイスを約束する。本作品は1992年の第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。


関連ニュース

タグ
映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント