03:50 2021年06月19日
エンタメ
短縮 URL
0 40
でフォローする

クリル諸島の小クリル列島の中で最大の島、シコタン島で、漁師たちが「青いカニ」を捕まえた。この珍しいカニは、クラボザヴォーツカヤ湾で捕獲された。漁師たちはカニを撮影し、海に放した。

動画は、地元のテレグラム・チャンネルで公開された。漁師たちは青い色のカニにとても驚き、動画の撮影者はカニについて「福島から来た、福島から!」と話している。

カニの背面は淡い青色で、腹面は白色。漁師たちは、カニを観察した後、海に戻した。

 オープンソースによると、青いカニはベーリング海、オホーツク海、日本海に生息している。冬場は、最大で水深300メートルの海底にいる。体重は最大で5キロに達する。春になるとメスガニは脱皮し、交尾した後に産卵し、浅瀬に戻る。

関連ニュース

タグ
動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント