00:48 2021年09月26日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

欧州沿岸を泳ぎ渡り、船に乗りこむのが大好きな大型のセイウチ「ウォーリー」がアイルランドにたどり着いた。ウォーリーは巨体で体重が重いため、各港ですでに1~2隻の船を沈めてきた。ところがアイルランドではそのウォーリー専用に特製の筏が作成されることになった。

ウォーリーは、フランス、スペイン、イギリスと4000キロ以上を泳ぎ渡り、ついにアイルランドに到着。その頃までにウォーリーの名は知れ渡っており、アイルランドではウォーリーが他の船やヨットに乗り込もうとすると、その姿をカメラに収めようとパパラッチのごとく人が群がるようになっていた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Lovin (@lovindotie)

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от ABC7NY (@abc7ny)

ウォーリーは泳ぎを一休みし、ボートの上で日光浴をするのが大好きなのだが、あまりに重い体重でボートを沈没させたり、自分のひれを痛めてしまうこともある。ウォーリーが「訪問」した湾ではたいてい1~2隻のボードは沈没している。

​アイルランドの鯨・イルカ保護団体は、ウォーリーに船に乗り込ませないために、船のオーナーらに防水シートをかぶせるよう、ウォーリーを怖がらせないよう、接近せず、見物には双眼鏡を使うよう要請している。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Ireland's Wildlife (@wildireland)

動物擁護団体「アザラシ救済・アイルランド」のメラニー・クロチェ執行役はウォーリー専用の筏が製作中だと明かしている。

タグ
動物, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント