10:43 2018年08月22日
ノートパソコン

英国でのインターネットの寿命はあと20年?

© Fotolia / gunnar3000
欧州
短縮 URL
0 34

英国人にとってインターネットへのアクセスは、近く制限されるだろうが、一部のユーザーには、使用量が決められるか、あるいは閉じられてしまう可能性もある。

新聞「The Telegraph,」によれば、5月11日、王立協会(英国の事実上の学士院として同国における科学者の団体の頂点にあたる)は、グローバル・ネットワークの将来について話しあう予定だ。

現在、英国のインターネットユーザーが消費するエネルギーは、国内で生産されるエネルギーの8%で、これは原子力発電所3カ所分にあたる。しかし、この数字は、4年ごとに2倍に増えて行く見込みだ。つまり2035年までに理論上、インターネットは、英国で生産される全エネルギーを消費する事になる。王立協会に集まった人々は、この問題の解決法を討議するだろう。

この他会議では、通信の組織化のために利用されているローターなどの能力の今後についても取り上げられる。地域によっては、もう対応できない機器も生じ、一方で、ユーザーの数やユーザーが消費するトラフィック量は増え続けるだろう。

専門家らは、もしインターネットがそうしたテンポで成長を続け、原則的に新しい伝達テクノロジーが現れなければ、10年後には、今あるのと同じだけのケーブルやルーターなどが作られる事になってしまう。そうなれば、ネットにアクセスするのはかなり高価にならざるを得ず、十分なサービスが保障される人々は少数になってしまうかもしれない。

タグ
インターネット, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント